転職エージェントの仕組み

(2018.1.29 投稿)

転職活動をいざ始めようと思っても、転職を扱っているサイト・エージェントは多数あります。
こちらのページでは、転職サイトとエージェントの違いからサービスの流れについてご紹介させていただきます。

転職サイトと転職エージェント

転職活動を始めると、インターネットで調べたり、ハローワークへ行き、求人情報を探す方が大半なのではないでしょうか。
少しでも自分の理想に近い形、理想の条件で働きたいですよね。
その為には”どこでどうやって仕事を探すかも重要になってきます。

離職中の方はハローワークへ足を運びやすいかもしれませんが、働きながら仕事を探すにはインターネットが最もお手軽で情報量も豊富です。
インターネットで求人情報を調べると転職サイトが多数出てきますが、実は転職サイトと転職エージェントでは受けられるサービスに大きな違いがあります。

転職サイト

自分で求人情報を見て希望の企業を探し、直接企業へ応募する
*リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職等

メリット
・応募する企業の採用担当者と直接やり取りができる
・夜間や休日等自分のペースで活動できる
・希望の条件から企業を探すことができる
・転職エージェントよりも扱っている案件が多い

デメリット
・企業について知るには個人では限界があるため、得られる情報量が少ない
・応募から面接の日程調整等まで全て自分一人でしなければならない
・選考に落ちた理由や、自分への評価がわからない

 

転職エージェント

エージェントサービスに登録すると、担当者が求人紹介から企業への応募、書類添削、面接対策、面接の日程調整、年収等の交渉等入社までずっとサポートしてくれる。
*リクナビエージェント、マイナビエージェント、DODA等

メリット
・担当者が紹介から入社まで、転職期間中ずっとサポートしてくれる
・一般には出されていない非公開求人を紹介してもらえる
・職務経歴書や面接等、過去の事例をもとにアドバイスしてもらえる
・企業についてより詳しい情報を知ることができる
・勤務地や給与等自分では言いにくいような条件面でも企業と交渉してもらえる
・無料で利用できる
・採用担当者へ採用をプッシュしてくれることもある

デメリット
・企業によって担当者のレベルに差があったり、担当者と相性が悪い場合がある
・限られた案件の中から紹介するので、キャリアに合っていない企業を勧められることがある
・年齢や職歴等、企業の求めているものと合わない場合、紹介を受けられない可能性がある

 

 

特に転職を初めて考える方や他業種への転職を考えている方には、転職活動はどう動けば良いのかまた面接や選考はどのような流れなのかを知っておいて損はありません。
流れや傾向を知ったうえで転職活動をした方が成功率も上がりますので、一度転職エージェントへ登録されることをお勧めします。

エージェントによって扱っている企業の案件も違い、ある特定のエージェントだけが持つ独自案件などもありますので、最低でも3か所以上のエージェントに登録して情報収集したり、求人を吟味しましょう。
気になる企業が出てきたら、多数のエージェントでその企業に対する意見をもらったり対策を教えてもらい、どこのエージェントでお願いするか決めるというのも一つの手段です。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントに登録すると、転職活動に必要なサポートをすべて無料で受けることが出来ます。
何度も面談の時間を設けてもらったり、企業と調整してもらったり、手間のかかることをすべてしてくれるのに何故無料なのか不思議ですよね。

実は法律で転職エージェントは求職者から利用料をとってはいけない決まりになっています。
転職エージェントは転職を希望するサポート利用者からは一切利用料を取らず、求職者が企業に内定となった場合に企業から年俸の30~35%を紹介料として受け取るという仕組みになっているのです。

「職業安定法」より、一般に、求職者側は職業紹介事業者への登録や情報の利用は無料で行える。雇用者(求人者)側は、紹介された求職者を受け容れて雇用し、採用後一定期間(数ヶ月〜半年程度)が経過しても、その採用者(転職希望者)が求人側企業に在籍し続けている場合に、紹介事業者に対して報酬を支払う。報酬の相場は、雇用する求職者の年収の1〜3割が相場である。特に、ホワイトカラーの紹介の場合は、年収の25〜35%程度が相場である

出典:wikipedia

*職業紹介者とは転職エージェント等を指します

 

サポートの流れ

*一般的なエージェントサービスの流れを記載しております。エージェントによっては内容に相違がある場合がありますのでご了承ください。

①各サイトからエージェントサービスに登録する
学歴・職務経歴・直近の職務経歴・転職希望時期・希望勤務地等の記載が必要です
      
②登録した内容をもとに、希望の条件に合う求人があるか求人状況を調べてもらい、紹介できる案件があった場合キャリアアドバイザーと面談
直接または電話にて、現在の状況や希望等をすり合わせします
              ⇓

③求人紹介を受ける(非公開求人を含む)
面談の結果をもとに、希望に合いそうな求人を紹介してもらいます
基本的に企業の提示している条件をクリアしていると判断された案件を紹介してもらえる為、自分自身で探して応募するよりもずっと書類審査の通過率が上がります
      ⇓
④職務経歴書の添削を受ける
担当している製品や販売実績・営業成績、表彰歴、自分のアピール等記載し、応募する会社の過去の傾向をもとにどのように書くのが効果的か添削を受けます。
同じ内容を使いまわすことはせず、応募する企業だけに絞った職務経歴書を作ることが大切です

      ⇓

⑤企業へ応募してもらう
選考に必要な書類を揃え、エージェント経由で企業へ書類選考を依頼します
              ⇓
⑥面接対策を受ける
書類審査を通過したら、次は応募先の企業との面接になります
経験豊富なエージェントでは、面接の際どのような質問をされたり、どのような流れになるか等のデータを企業ごとに持っています
応募する企業に合わせた面接対策をしてもらえることで、事前準備をしっかりして面接に臨めることとなります
      ⇓
 ⑦企業と面接を行う
企業との面接日時の調整は全てエージェントがしてくれます
MRの転職では、2回面接があることが多く、自己PRの他に指定されたもの(例えば過去に扱っていた製品や手元にあるボールペンなどその時によって違う)を売り込むデモンストレーションをするように言われることもあります
一次面接は希望部署の課長クラス、
二次面接は人事部と希望部署の支店長クラス以上の数名が同席します
      ⇓
⑧内定通知を受ける
内定となった場合、基本的にはエージェント経由で内定の連絡をもらいます(会社にっては、企業から連絡が来る場合もあります)
年俸の交渉や入社日の調整もすべてエージェントを通して行い、内定後も入社するまでフォローを受けられます
もし内定が見送りとなった場合にも落ちた理由等をエージェントから教えてもらえることが多いので、次に生かすことができるというメリットがあります

サポートを受ける際の注意点

転職エージェントに登録すると、求人の紹介から内定後のフォローまで受けられますし、転職活動を有利に進められるメリットもたくさんあります。
しかし、エージェントを利用する際に以下の事だけは絶対にしないでください!

・スキルや経歴に虚偽の記載をする
・同じ企業に複数のエージェントから応募する

このようなことをしてしまうとエージェント・企業共に不信感を与え、その企業へ再度応募することやエージェントから案件を紹介してもらえなくなる可能性があります
社会人として最低限のマナーを持って、お互いに気持ちの良い関係を築くことが、良い紹介先を提案してもらったり、企業へプッシュしてもらえることに繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職エージェントは求職者にとって力強いパートナーとなってくれる存在です。
会社によって強い案件・弱い案件、また担当者によって合う・合わないがありますので、転職エージェントを使うときにはまず最低でも3社以上に登録し、サポートを受けてみて、最終的にどこのエージェントでお願いするか考えましょう。

案件はタイミング次第で変わる流動的なものなので、今すぐという事情がない限り長いスパンで考えて希望の案件を待つという選択肢もあります。
その場合には、担当となるキャリアアドバイザーとの関係を良好に保つためにも、定期的にご自身から連絡を取ることが望ましいです。
納得のいく転職活動となりますよう心より祈っております。

 

【よく一緒に読まれています】

 

【リクルートエージェント】
転職成功実績No.1で、大手の製薬メーカーなど常時1500件以上の求人数を誇るでリクルートエージェントはぜひ登録すべきです。
扱っている求人数が非常に多いためご自身に合った転職先も見つかる可能性が高くなります。
また、メディカル業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介し、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など転職サポートも非常に充実しています。

参加者の80%以上が満足しているというリクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能ですので、まずは登録だけしておいても全く損はありません。

リクルートエージェント

 

【ワイアットラクト(株)】
元祖、MR専門の転職エージェントです。
業界トップクラスの転職成功者数を誇り、長年の転職サポートで得たノウハウを武器に惜しみなくサポートしてくれます。
志望している企業に向けた独自の書類添削、面接サポートによって書類通過、面接通過できたという報告も数多く聞こえてきます。
知識が豊富なアドバイザーとの匿名相談や無料相談も充実しておりますので、漠然とMRへの転職を考えている方は一度詳しいお話を聞いてみたら、よりMRや製薬業界への理解が深まると思います。

 

 

 

【パソナキャリア】
パソナグループとしての幅広いネットワークを生かし、大手製薬メーカーや大手医療機器メーカーとのお付き合いが深まっているため、求人の種類も豊富。
転職成功実績は右肩上がりで増えてきているエージェントです。
専門に特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えてくれる体制が整っています。
しっかりと面談を行うため、1.5時間~2時間程度の面談時間をとってくれます。
不安なことや伝えたい点等もじっくり話すことができますので異業種からの転職を考えている方にはお勧めですが、面談場所は東京・大阪・名古屋の3か所のみですので注意が必要です。

パソナキャリア