ワイアットラクト(株) 代表取締役 高橋俊夫さん インタビュー 第2回

(2018.2.21 投稿)

「採用になる人物像は、環境変化に関係なく、昔も今も変わらない」

そう話してくださったのは、元祖MR専門転職支援サービス「MRキャリア.com」を運営されている「ワイアットラクト(株)」の代表取締役、高橋俊夫さんです。

初めてMRに特化した「MR専門転職エージェント」として2001年に設立され、豊富な業界知識、独自の面接サポート等により求職者、企業共に高い信頼を集めていることでも有名です。

今回は、就職したい人と採用を考える製薬企業を結ぶ最前線でご活躍されている「MR転職のプロフェッショナル」に“製薬業界の流れとして感じることや今後の予想図、採用になる人物像”までお話いただきました。

第一回は“MR転職業界のプロが教える、製薬業界の環境変化と求人の流れ”
第二回は“中途採用に残された道から採用を勝ち取れるMR像”
二回に分けて掲載させていただきます。

今後、MRへの転職を考えている方にはぜひお読みいただきたい記事です。

〇今回のインタビューに答えてくださった方

  高橋 俊夫さん
「ワイアットラクト(株)」の代表取締役。
経営コンサルタントとしての経験を生かし、2001年より日本で初めてコンピテンシー・アセスメント手法を活用したMR専門転職支援サービス「MRキャリア.com」を運営している。
2010年からは各分野の専門家による総合情報サイト「All About」において、MRの転職支援で培ってきた知識・経験・ノウハウを活用して、MRの転職ノウハウなどの記事を執筆中。

≫「MRキャリア.com」のサイトはこちら

 

第二回目の今回は、「中途採用に残された道から採用を勝ち取れるMR像」についてお話をお伺いしました。

第2回「中途採用に残された道から採用を勝ち取れるMR像」

異業種からMRになった場合、製薬会社の正社員になれるのは、CSOからの転籍が唯一のルート!

ここ数年の求人や転職状況を教えてください。
「まず、他業種からの未経験者採用からお話させていただきますと、以前より求人は減っています。
新薬メーカーでは、ほぼ募集はありません。
ここ数年での唯一の募集はCSOのコントラクトMRです。
一時、CSOでも未経験者の募集が全くなくなった時期もありましたが、今は募集も戻ってきています。

今までのMR未経験者は、“未経験者としてCSOに所属した後、今度は経験者MRとしてもう一度製薬メーカーに転職する”という2段階の転職を経て、製薬メーカーの正社員になることを最終目標としている方が多い状況でした。
しかし、MRのキャリア採用自体が減っている今、その機会はかなり減っています。」

未経験者としてCSOで活動しMRとなっても、そこから再度転職活動をして製薬会社の正社員になるという機会も減っているんですね。
正社員になる方法はないのでしょうか?

「正社員になる方法はあります。
それは、“CSOの派遣先からそのままメーカーへ転籍をさせてもらう”ことが唯一のルートです。
転籍できるメーカーは限られますが、CSOから正社員になれるルートとして残っています。

未経験の方がコントラクトMRへの転職を希望する際、「MRになればなんとかなるだろう」とそこまでの事情がわかっていない方が多いですが、製薬メーカーの正社員になるには、メーカーへの転籍しかありません。

MRにとっても厳しい時代、エージェントにとっても厳しい時代です。」

そう言って近年の求人状況や転職状況を話してくださいました。
そして、激動の製薬業界において、どのような方が採用になるのか人物像について教えてくださいました。

未経験者で採用になる可能性が高い人物像

まず初めに、未経験者で採用を勝ち取れる方はどのような方なのか教えてください。
「それは、環境変化に関係なく、昔も今も変わりません。
異業種での経験を聞いて、MRに置き換えた場合でも通用するか”が大切です。
その方がいた業界では高い成績をあげられていたとしても、MRとしても高い業績をあげられるか、通じるかということです。

まず何よりも一番重要なことは、医師から信用・信頼されるということです。
“営業トークがうまい、喋りがうまい、社交的”よりも、何よりも“信頼されるか”が大切で、“今までの営業活動の中でお客さんに信頼をされてきたか”という経験が必要です。

なおかつ、MRは生命関連製品を扱うので、倫理観が必要です。
他業種では“不利になることは言う必要がない”ということが常識なので、経験することのない人が多いと思います。
前職で“都合の悪いことも隠さず、自分に不利なことでもお客さんに伝えてきたか”という点は、面接で聞き出していこうと思われるポイントでもあります。

他にも
話し上手より聞き上手
相手にどう話してもらって、ニーズを把握するかは重要です。

勉強が好きな人
MRになると、常に、継続教育や学会関連、自社だけでなく他社の薬剤情報等、営業職なのですが勉強する機会が非常に多いです。
そのため、勉強を好きな方はMRに向いており、勉強が嫌いな方は選考を通過できる可能性は低いです。

短時間での簡潔なコミュニケーションスキル
伝えたいことはちゃんと伝え、聞き出したいことは聞き出す。
最初から最後まで、質問の意図を的確に把握して、わかりやすくそれに答えているかどうか。
これは面接の場でみられており、面接を通過するための大きな要素でもあります。
“MRとしても実績を出せそうかどうか”の判断材料ということは昔も今も変わっていません。

形式的な応募要件は、
・20代~30歳くらいまで
・転職回数は1回まで
・大卒以上
一般的にはこのようになっています。」

経験者で採用になる可能性が高い人物像

次に、経験者採用の場合を教えてください。
「先ほどお話した“未経験者に求められる人物像”は大前提で、実際活動されてきた方々なので身についている方が多いです。
ところが、面接では“簡潔なコミュニケーションスキルを指摘されることが多い”のです。
MRですとコミュニケーションスキルは身についているはずなのですが、面接は別次元で普段とは違うシチュエーションのため、面接の場では発揮できなくなってしまう人が多い。
・自分をアピールしようとくどい説明になってしまう
・質問の意図を把握できていなかった
このようなことは場数を踏めば慣れますので、スキルそのものより、想定問答などの事前準備が足りないのだと感じます。

他には、求人自体が減っていますので、これからの転職を考えると、未経験の方と一緒のままでは難しい。

メーカーが必要とするMRはどんなMRなのか”を考えた事前準備が必要です。
例えば、これから「地域包括ケアシステム」に変わっていくことは明らかです。
“本格稼働したら、各市場はどうなっていくのか”考えると、開業医市場では高齢者に特化していきます。

高齢者の特徴をあげますと、
・いろいろな疾患を持つ患者さんが多い
・複数の薬を飲む
・多剤併用の有害事象が起きる可能性がある
・代謝する機能が加齢とともに低下する
・処方量も一般的な成人用量と同じで良いのかという問題

今後は生活習慣病などのプライマリー領域でも、症例ベースが基本となり一人一人の状況に合った処方が必要になっていきます。
これに応えられるMRになれるか。

ニーズを先読み、どのようなMRへのニーズが高まるのか。
症例ベースを意識して応えられるように、高齢者関連のガイドラインを読んだり、いち早く情報を得るスキルを身につけるとアピールにもなります。
そういった事前準備をできる人が、転職可能性の高い人です。

高橋さんは、多くの転職希望者を見てきた中で、内定を得ることが出来る人物像を話してくださいました。

それではなぜ、業界トップクラスのMR転職合格実績を挙げられるのか、独自のサポート内容についてもお話を伺いました。

業界トップクラスのMR転職合格実績を挙げてきた、独自のサポート内容とは

「まず一点目に、いち早くたくさんの人の情報を集めることができたので、豊富なノウハウを生かし、転職を成功する人が増えていったことが挙げられます。

15~6年前の「MRキャリア.com」を立ち上げた頃、「MR」だけに特化した転職エージェントは我々だけでした。
その為、多くの製薬企業さんと提携し、かなりたくさんの人の転職のお手伝いをしました。
すると、選考を通過できた人、通過できなかった人が出てきます。
クライアントは通過できなくても理由を教えてはくれませんので、応募した人の面接の状況を聞いて、各社の選考基準、選考のポイントを理解していきました。
そうして、情報が蓄積されてゆき、応募する会社ごとに過去の実績をベースとした面接対策を行っています。
他の転職サイトでも同様に過去の実績をベースに面接対策をしていると思います。

そしてもうひとつは、客観的な立場で評価した推薦文をつけていることが他社には無いサポートです。

私がこの会社を立ち上げる前、経営コンサルタントをやっていた当時、人事考課のやり方として「コンピテンシー」を重視した人事評価はかなりされていました。
製薬業界は早くからそれを取り入れて面接でも使われていたのです。

経営コンサルタントをしていた時に使っていた手法なので、「コンピテンシー面接」のやり方をよく知っておりました。
面接の仕方など従来の面接とは少し違う特徴のあるものだったため、それを生かし実際の面接に役立つようなアドバイスをすることができました。

多くのエージェントでも履歴書と一緒に推薦文を付けます。
我々は、いろいろインタビューし、そのメーカーが使っているコンピテンシー項目に基づいて客観的な立場で評価した推薦文を付けています。
これを付けたことで書類選考で落とされることなく面接までいけたという事例もあります。

推薦文は、具体的な根拠を挙げながら、客観的な立場で評価しておりますので、企業からも信頼していただいております。

最後に

製薬業界が置かれている状況は大きく変わりつつありますが、MRとしての仕事や求められるものの本質は昔も今も変わらないのかもしれません。
業界トップクラスのMR転職合格実績を誇り、一人一人に合わせたきめ細かいサポートを提供できるのは、製薬業界の流れや動きを常に感じ、さらに今後を予測しながら動いているワイアットラクト(株)さんだからこそ成しえるものなのだと感じました。

 

>>第1回のインタビュー記事はこちら