MRの仕事内容は?~職種紹介~

「MR」と聞いてすぐにピンとくる人は、医療関係者でなかったらそんなにいないのではないでしょうか?

私も、どんな仕事をしているのか聞かれ「MRをやっています」と答えても、「なに?それ??」という反応が返ってくることがほとんどでした。
考えてみると、MRは仕事でお会いするのが医師、看護師、薬剤師、MSなどの医療関係者ばかりなので知らないという方が多いのにも納得なんですよね!

そこで、今回はあまり知られていない「MRの仕事」について、元MRの管理人ギズモがお話させていただきたいと思います。

MRとは?

MRは製薬会社の営業職です。
Medical Representativeの頭文字をとった名称で、日本語では「医薬情報担当者」、「エムアール」と呼びます

病院の廊下やクリニック・薬局の隅の方などで、診療時間の終わりごろに黒っぽい鞄を持ったスーツ姿の人たちを見たことがないでしょうか?
その人たちは医師の面会終了後の面談を狙って訪問しているMRかMSの可能性が高いです。

MRは毎日、医薬品卸、病院やクリニック、薬局などを訪問します。

どんな仕事をするの?

MRは、製薬会社の営業職なのですが、直接医薬品を配達しませんし、価格交渉もしません。
医薬品の配達や価格交渉は、医薬品卸業者の営業職である「MS(呼び方:エムエス)」がします。

MRは、「医薬情報担当者」の名前のとおり、「医薬の情報」の提供、収集が仕事です。

「患者さんの症状を良くする」ために、医師や薬剤師、看護師などの医療関係者に医薬品の適切な量や使い方を伝えたり、実際に医薬品を使ってみて効果はどうだったか等の情報をもらい、医薬品を安心、安全に使ってもらえるよう働きかけます。

医薬品 流通

情報提供の具体例

それでは、どんな情報を伝えているのか?

薬には医師からの処方箋がないと買えない「医療用医薬品」ドラッグストアなどで誰でも買える「一般用医薬品」があります。

MRが取り扱うのは「医療用医薬品」で、医師から処方箋を出してもらい、その後薬剤師から説明を受けなければいけません。
医療用医薬品は、高血圧や糖尿病などの長期にわたって様子を見ることが必要な疾患や新しく発見された成分の薬などがあり、処方できる薬剤の量も一般用医薬品に比べて量が多いので効果が得られやすい反面、正しく使わないと副作用等出る可能性があります。

そのため医薬品を安全に安心して使ってもらえるよう、薬を処方するときの注意点や類似薬との違い、他の先生方がどのような使い方をしてどのような効果が得られているかの文献を持って行ったりします。

MR

高血圧や狭心症の治療に使われる薬の中には、グレープフルーツジュースと飲むと効果が強く出すぎてしまうものがあります。するとめまいや頭痛などが起こる可能性があるので、医師や薬剤師さんに処方するときに注意いただくよう言ってもらえるようにお願いしています。

MR

高齢者になると腎臓などの働きが低下するので、腎臓に負担が少ない薬を提案したり、様々な患者さんの文献を持って行って、薬が実際にどのような使い方をされて効果がどうだったのかなどの情報を届けています。

1日のスケジュールは?

MRはクリニックや医院などの開業医をメインで担当するか、大学病院や基幹病院などの大病院をメインで担当するかによって動きが異なります。

開業医がメインの場合は、まずは朝、医薬品卸へ訪問してMSと情報交換し、その後開業医や薬局などを訪問します。
【参考記事】

大学病院や基幹病院がメインの場合は、朝は病院に入ることが多いですが、アポイント制のところが多いので、アポイントによって予定が大きく変わってきます。
【参考記事】

基本的にどちらも朝は医薬品卸か病院を訪問した後に会社へ戻って内勤し、訪問準備を整えてその日の訪問予定先をまわります。
特に朝の会社は新しい文献の話題や新しい資料の話題など活気に溢れていますので、朝または夜どちらか会社に戻ると新しい気付きが得られるかもしれません。

MRに向いているのはどんな人?

MRは医薬品という生命関連製品を扱うので、まず第一に高い倫理観が必要です。
営業職なので売り上げの目標があり、それによって評価やボーナスが変わってきますが、ただがむしゃらに医療機関を訪問して「使ってください!」と言っても、熱意だけでは売り上げを伸ばすことは困難です。
使ってくれるどころか最悪の場合出入り禁止になるかもしれません。
その医薬品を使ったら患者さんにどんな効果が期待できるのか、なぜその患者さんにお勧めするのか、医薬品の先に患者さんがいるということを常に頭に入れておき、いかに患者さん志向でいられるかという点はとても重要だと思います。

次に、コミュニケーションスキルです。
医師との面会は診療時間終了後に行われることが多く、訪問規制が厳しかったり人気のクリニックのところには1度に10社以上が面会を希望することもあり、医師との面会時間はそんなに長くはとってもらえません。
短い面会時間の中でいかに相手のニーズをくみ取り的確な対応ができるか重要です。

MR

医師のニーズを探ることはとても重要です。しかし、医師に面会するだけではなかなか難しく、門前薬局の薬剤師さんや関係の強いMSさん、他社MRから有力な情報を得られることもあるんですよ。MRは医師だけでなくたくさんの人とコミュニケーションをとれた方が働きやすいです。

あとは、常に勉強することが必要です。
皆さんも感じていると思いますが、医療の分野は日々進歩しています。
新しい薬が今まであった薬のどれよりも効果的であったり、今まで治らないと言われてきた病気の治療薬ができたり・・
医師に必要とされるMRになるためには自社製品の知識はもちろんですが、他社の製品や医療制度などについても知っておくことを求められます。
そのため、常に新しいことを学びたい、知りたいという知的好奇心の高い方にはMRは向いています。

まとめ

MRは製薬会社の営業職ですが、医師や薬剤師などの医療関係者に「医薬の情報」を提供したり収集することが仕事です。

医薬品は適切に使えば癌をも治すことが出来る素晴らしいものですが、使い方を誤ると副作用がでたり期待する効果を得ることが出来なかったりします。
「医薬品の先に患者さんがいる」ということを常に念頭において、医薬品をより安心に、より安全に、より効果的に使ってもらえるよう医療関係者に働きかけることがMRの仕事なのではないかと考えています。

【合わせて読みたい】